東京朝市 アースデイマーケット EarthDayMarket

スタッフブログ

最近の記事
カテゴリ

2017年3月4日

3/5の新規出店者&アースデイマーケットの出店者とは。


 


 


《お読みいただけると嬉しいです》


 




 


3/5 明日の新規出店者さんを紹介します。


 


アースデイマーケットに出店される方、本当に一軒一軒すごいと思います。常に困難な道をまっすぐな眼差しで希望に向かって歩いてこられた方ばかりなのです。みんなが話し上手、紹介上手なワケでは無いですが、一軒一軒本当に物語とすごい取り組みのもと、ここに出店してきてくださっているのです。ぜひ「新しい出店者」を「新しく光を充てる地球」と思ってお訪ねください。


 




 


◯Wayuu Bags Japan


 


http://www.earthdaymarket.com/1528/wayuu-bags-japan/


 


ベネズエラ、コロンビア国境に住む先住民族Wayuu族の手仕事。


 


現地に住んでいた方が少しでも力になれればと、市場価格よりかなり抑えめに(ご本人の取り分少なく)ご紹介してくださいます。


 


何より先住民族のおかれる現状や、このものを選ぶことで叶えられる支援の形をぜひみなさんに知っていただきたいです。


 




 


◯Tetes Manis


 


http://www.earthdaymarket.com/1519/tetes-manis/


 


地球は広いなと感じました。アーユルヴェーダは言葉としてかなりよく耳にするようになってきましたが、よりその自然素材の薬効に即した引き出し方が実践されたメソッド、インドネシアの民間療法「ジャムゥ」を紹介されているTetes Manisさん。


 




 


◯SlowCoffee


 


まだサードウェーブの「サ」の字も無い2000年創業。「完全オーガニック」「フェアトレード」コーヒーを「自社焙煎」でその物語、その社会意義を伝えながら美味しさを愉快に追求し続けたちょっとすごい会社。そして2016年からは原発反対を言うだけでなくソーラー焙煎に切り替えました。常にユーモアを忘れず、何がすごいって、あっけらかんとここの社長が言っていたのが忘れられません。「うちらそこいくと(2000年から既に)フォースウェーブだったから。笑」


 




 


1軒1軒は小さな取り組みでも、ここには第4世代が揃っています。思考錯誤の地球号の乗組員の中で数年後、数十年後に何をすべきかのきっかけがここにあると僕は思えてなりません。


 


どうぞアースデイマーケットの出店者さん1軒、1軒をお楽しみに。

2017年3月3日

4月の代々木公園の開催はありません。

開催を楽しみにしているみなさまへ 4月の代々木公園の開催はありません。 現在、他会場調整中です。 決まり次第お知らせいたします。 また5月は5月27、28日の二日間スペシャル企画で開催予定です。 どうぞお楽しみに!

2016年5月31日

キルギス産の白い蜂蜜についての表示に関して〜回答

先日5月29日にエスパルチェット(イガマメ)という植物が主たる蜜源の白い蜂蜜を

販売されていたMAYRAMさんの御商材に関して、お客さまからのお問い合わせをいただき、

詳細な情報を現在調査中です。

MAYRAMさん自身は厚生労働省の許可を得て現地のキルギス養蜂組合からJICAを通じて

正規に輸入を行っている販売者です。

MAYRAMさんが現地で受けた本商品の説明に確認を必要としている点があり、現在そこを精査しました。

以下、回答です。

MAYRAMの扱うはちみつについて、お客様のお問い合わせをきっかけに、先日のアースデーマーケットでの

表示に関して問題がなかったか改めて自己調査を行いました。

先日のアースデーマーケットでは「金賞受賞」との説明を行っておりましたが、後日再度調査した結果、

はちみつ自体は金賞を受賞した蜂蜜と同地域・同種の蜂蜜ではあるものの、厳密には金賞の権利は現地の

一企業が独占しており、蜂蜜は同種であっても金賞とは名乗れないと判断いたしました。


消費者の皆様に誤解を招いたことを深くお詫び申し上げます。

尚、MAYRAMでは国際協力機構JICAの取り組みを通じて、高品質なはちみつだけを選別し、


キルギスより正規に輸入しております。

MAYRAMはキルギスの養蜂家と適正な価格で蜂蜜を取引し、養蜂家の生活向上を支えることを

使命の一つとしています。
MAYRAMは養蜂家が良質なはちみつを作るのに励むことができるように、これからも一層真摯に

取り組んで参ります。

というご報告をいただきました。 JICAを通じて量こそ大量ではないものの、適正な買取価格で

フェアトレード的に取り組まれているMAYRAMさんの活動がより現地の生産者のためになって

いくことをこれからも期待したいと思います。